弁護士紹介

中田 直茂

Naoshige Nakada

社員 パートナー

経歴

  • 1995年3月 東京大学法学部卒業
  • 1995年4月 司法研修所入所(第49期司法修習生)
  • 1997年4月 弁護士登録(第二東京弁護士会所属)
    アンダーソン・毛利法律事務所入所
    (~2002年7月)
  • 2001年5月 コロンビア大学ロースクール法学修士(LL.M.)取得
  • 2001年9月~2002年5月 Mintz Levin法律事務所(ボストン)にて研修
  • 2002年8月 ニューヨーク州弁護士登録
    北星法律事務所入所
  • 2006年6月~2010年6月 DIC株式会社補欠監査役
  • 2008年3月~2012年3月 コクヨ株式会社社外監査役
  • 2011年9月 髙橋紀勝弁護士とパートナー(社員)として弁護士法人北星法律事務所設立
  • 2015年1月 代表社員就任
  • 2015年6月~2017年10月 SGホールディングス株式会社社外監査役

著作・論文

  • 「判断能力低下後にも資金を引き出せる信託商品―法定後見・任意後見および民事信託との比較―」(金融法務事情2125号)
  • 「指図権者がいる場合の受託者の義務―AIJ事件とその後」(ジュリスト1520号(2018年6月号))
  • 「遺言代用信託の法務」(金融法務事情2074号)
  • 「ワールドコム事件-財務情報の引受審査についてのリーディングケース」(月刊資本市場2014年9月号)
  • 「事業承継と信託」(ジュリスト2013年2月号)
  • 「法によって他者を信頼してもよい社会を作る」(Tamar Frankel, FIDUCIARY LAWの書評-「アメリカ法」2011年2号所収)
  • 「指図権と信託(第21章)」新井誠・神田秀樹・木南敦編『信託法制の展望』(共著、日本評論社、2011年)
  • 「指図者を利用した場合の受託者責任-分業による責任限定は可能か」(金融法務事情1859号~1860号)
  • 「限定責任信託受託者の負う不法行為責任」(金融法務事情1828号)
  • 「限定責任信託の特例(第9章)」新井誠監修『コンメンタール信託法』(共著、ぎょうせい、2008年)
  • 「米国ミューチュアル・ファンドの法規制」(信託210号)(ボストン大学Tamar Frankel教授の授業の聴講記)
  • 「エンロン破綻と企業統治・ディスクロージャーをめぐる議論」(旬刊商事法務1629号~1630号)
  • 「ディスクロージャーの正確性の確保とコーポレート・ガバナンス」(旬刊商事法務1619号~1621号)

講演

  • 個人情報保護の実務対応(一般社団法人信託協会主催、2014年)
  • 信託業務におけるコンプライアンスについて(一般社団法人信託協会主催、2013年)
  • 個人情報保護法の実務対応(一般社団法人信託協会主催、2012年)
  • 信託会社のコンプライアンス(社団法人信託協会主催、2009年)

所属

  • 第二東京弁護士会
  • 信託法学会

その他活動

  • 一般社団法人信託協会 監事
  • 弁護士サッカーワールドカップに日本代表又は東京代表として出場(1998年 トルコ、2000年 モロッコ、2002年 マルタ、2004年 ハンガリー、2006年 トルコ、2010年 トルコ、2014年ブダペスト)
  • 県立千葉高校サッカー部OB
  • 東京大学運動会自転車部OB
ホーム